管理業務主任者と関係の深い資格

このページでは、いま管理業務主任者の資格のことが気になっているみなさんに、
◎管理業務主任者と将来リンスする資格
◎管理業務主任者の実務とリンクする資格

といった観点から関連資格について解説してみたいと思います。

●建物に携わる技術を極めたいなら

すでにお話しした通り、管理業務主任者はマンション管理会社等の会社に勤務してはたらきます。その役割の重要度からして、就業年数が長くなるほど管理職としての裁量の求められるようになるでしょう。その会社のベテラン社員として「ゼネラルな管理職」になるか「技術専門の管理職」をめざすかによって、適切な歩み方は変わってきます。

ゼネラルな方向をめざす場合、特にこれといった資格が必要になるわけではありません。社内での人間関係をしっかり築き上げ、マネジメント能力を日々の実践で高める努力をするのが一番適切です。

技術の専門家を志向する方でしたら、建築設備士、昇降機検査資格者、排水設備工事責任技術者、ボイラー技士、マンション維持修繕技術士などの技術系資格は、どれも実務上で役立ちます。少し気の早いアドバイスかもしれませんが、管理業務主任者としてはたらきはじめた後に、一つひとつ取得を目指す努力が、仕事の励みにもつながることでしょう。

●マンション管理士へのステップアップもひとつの理想形

管理業務主任者の資格について、いろんなサイトをご覧になったみなさんはすでにお気づきかもしれませんが、管理業務主任者を解説する上で、必ずといっていいほど引き合いに出されるのが「マンション管理士」です。
マンション管理士の資格も管理業務主任者と同じ2001年に誕生しました。「マンションを適切に維持・管理する」という目的も、管理業務主任者に期待されるそれと同じものです。

では仕事内容として何が異なるかというと、マンション管理士はマンション管理組合のコンサルタントとして、より管理組合の立場に立ち仕事をする点です。
管理業務主任者(マンション管理会社)が、建物の管理・修繕の実践面をサポートするのに対して、それらの計画や意見調整のまとめ役として活躍するのがマンション管理士です。

試験の観点から見ると、現状マンション管理士試験は、管理業務主任者の試験よりかなりレベルが高く難易度も高いです。ただこの2つの試験は試験科目の大半が共通しています。
ですから「管理業務主任者の試験準備を深く行うと、それはイコールマンション管理士試験の基礎が十分にできている」という結果につながります。

さらにキャリア形成の面から見ると、管理業務主任者として現場で実力をつけ、将来的にマンション管理士として独立。というステップアップはひとつの理想系ともいえるでしょう。

もちろん独立志向がある方にかぎったお話にはなりますが、将来の選択肢のひとつとして視野に入れておいていただきたいと思います。

人生設計に慎重なあなたにお薦めの通信教材→http://www.foresight.jp/mankan/