管理業務主任者試験科目

このページでは管理業務主任者資格の試験の詳細をご案内します。前ページに記載した、社団法人高層住宅管理業協会が示す試験範囲の指標を噛み砕いてお話ししたいと思います。

試験科目・出題範囲は5つの分野に渡っています。

1. 管理事務の委託契約に関すること ?????

これは、民法(「契約」と契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)と、マンション標準管理委託契約書などのことです。

2. 管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること

この分野は、簿記や財務諸表論など会計についての出題です。

3. 建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること

この分野のからの出題は、建築設備に関する出題と法令問題の大きく2つに分けられます。

建築分野からは、建築物の構造について、また建築物に使用されている主な材料について、さらには建築物の部位の名称や建築設備などの出題がなされます。そしてそれらの修繕工事の内容や実施の手続きに関する事柄も問われます。

法令系問題としては、建築物の維持保全の知識やその関係法令(建築基準法、水道法等)などが問われます。

4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

ズバリ、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」、「マンション管理適正化指針」の2つが中心です。

5.1~4に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること。

建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なもの)などです。

これら5つの出題分野は、学びのジャンル別に整理をすると「法令系」、「管理業務と会計系」「設備系」の3つに整理できます。この観点からそれぞれの系の細目を整理してみます。

【法令系】

区分所有法、マンション標準管理規約、被災マンション法、建替え円滑化法、民法、宅建業法、マンション管理適性化法、その他の法令(品確法等)

【管理業務と会計系】

マンション標準管理委託契約書、会計・税務・簿記、民事訴訟法、建築

【設備系】

設備、維持保全、建築基準法、その他設備系法令

以上が管理業務主任者試験の全体像です。
試験準備の計画は、以上の枠組みをおおよそ把握してから進めると効率的ですので、このページの内容は特に参考にしていただけたらうれしいです。

 

人生設計に慎重なあなたにお薦めの通信教材→http://www.foresight.jp/mankan/