通学・通信講座を利用し、最短距離で合格を目指す!

「管理業務主任者の試験対策・戦略を自分だけで判断するのは不安」
「一回で合格するために講師に教わり勉強したい」
という方は、資格のスクールへ通うか、通信講座で学習ことになります。
どちらの学習スタイルがお薦めかは、近くに良い学校があるか、仕事との兼ね合いを考え本当に通えそうかなど考え検討する必要があるでしょう。
ここでは資格の専門学校と通信講座の特色についてお話ししてみます。

■通学講座

◎教室で聞くライブの授業には迫力があり集中しやすい。
◎講師にすぐに質問でき、その日の疑問はその場で解決。
◎学校が決めた時間割り沿ってスケジュール管理できる。
◎最新の情報を学校が提供してくれる。仲間もできて励みになる。

最短距離で合格するには、費用が掛かることは覚悟で通学講座がお薦めです。
決まった時間に学校に通わなければならない大変さあっても、スクールに学ぶ学習効果はやはり大きいといえます。

管理業務主任者合格に必要な学習時間は約500時間。それだけの時間働いたら、あなたはいくら余計に稼げるでしょうか?試験は年に1度だけ。管理人がお伝えしたいのは、2回以上の受験は非常に失うものが大きいということです。時間とお金の相対価値を考えた場合、通学はやはりお薦めです。

■通信講座

いまはDVDやWEBからダウンロードできるメディアが発達していて、通信講座でもずいぶん充実した講義を受けられるようになってきています。独学と通学のメリットを併せて提供しているのが通信講座。独学より多少費用はかかりますが、通信教育は、独学のデメリットをほとんどカバーすることができます。また通学に比べて受講料の負担はグンと少なくて済みます。

通信講座も通学校と同様に、自分で教材を選ぶ必要がありません。基本テキストなど教材のレベルは通学校のそれとまったく同等です。
また管理業務主任者の試験対策に欠かせない、最新情報も届けてくれる通信講座がたくさんあります。

つまり通学講座と通信講座のちがいは、「ライブの授業」か「メディア授業」か、ただそれだけだといっても過言ではないのがいまの状況です。
メディア授業ですと、もちろん画面の中の講師に向かって質問することはできません。つまるところ、両者の差はただそれだけなのです。

DVDなど通信講座のメディア講義は何度でも繰り返して受ける(聴く)ことができます。基本テキストや過去問集以外に、繰り返し易い教材があるのは非常に助かることです。DVD講義を一度体験してみれば、みなさんもきっとそう納得されると思います。

管理人は、今日いちばん合理的な資格の学習法は、通信講座ではないかという気がしています。

人生設計に慎重なあなたにお薦めの通信教材→http://www.foresight.jp/mankan/